酸素ボンベ

スキューバダイビングで使用するボンベには純酸素(酸素100%)ではなく、空気(酸素21%)が入っています。
水圧が高いところで純度の高い酸素を吸入すると酸素中毒になってしまうからです。
登山用の携帯酸素ボンベは気圧が低いところで使用するのでその危険性はないため、酸素100%となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

進化し続ける道具